ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス

ヴァイオリン協奏曲 シューマン ブラームス

Add: hycydika24 - Date: 2020-12-19 01:20:44 - Views: 6752 - Clicks: 3651

収録曲は以下の2曲。 1) ブラームス(Johannes Brahms) ヴァイオリン協奏曲ニ長調 2) クララ・シューマン(Clara Schumann) ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンス. クララ・シューマン 愛の協奏曲の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。これまでキャサリン・ヘプバーンやナスターシャ. 53-2 ローベルト・シューマン ロマンスとバラード第4集・作品64-1 Robert Schumann Romanzen und Balladen Heft 4, OP. クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 3. HMV&BOOKS online Yahoo! クララ・シューマンを語る上で、絶対に外せないのが、作曲家ブラームスとの友情です。 最初の出会いは、1853年、ブラームス20歳の時。鬼才のヴァイオリニスト、ヨアヒムの紹介所を手に、ロバート・シューマンを訪ねてきました。シューマンは、作曲家であると同時に、評論家としても才能を発揮しており、こうした若い音楽家が紹介され、彼の前で演奏などをしていたのです。 当時のブラームスはすらりと痩せていて、非常に薄い亜麻色のふさふさとした髪が肩くらいまで伸びていて、清純と静けさの溢れた表情をしており、はにかんだような態度は、特に彼を好もしく思わせたと言われています。 ブラームスが演奏のため、ピアノの前に座ると、ロベルトはクララを呼び、「この青年は、今まで聞いたこともない音楽を作曲する」と、紹介しました。 この瞬間、彼らの生涯を通じて、燃え続けた友情の火が灯されたのです。 ロベルトの死後も、ブラームスとクララは友情を育み続け、クララが死すまで、書簡を交わし続けました。出会った時20歳だったブラームスはクララが76歳で没した時、62歳になっていました。 長い人生の間、何度となくクララを助け、ロベルトが.

シューマン「3つのロマンス」無料楽譜(imslp) リンク先から無料楽譜をダウンロード出来ます。ご利用方法がわからない方は下記の記事を参考にしてください。. クララの人生を知ろうと思ったら、やはりこの二冊は外せません。二人のやり取りした手紙を記した「友情の書簡」、クララ自身の人生に焦点を当てた、「真実なる女性 クララ・シューマン」。 二冊とも、執筆から60年以上を経て、今なお版を重ねている書籍です。この両方を執筆したのは、原田光子さん。この方の人生において、クララとの繋がりは不可欠だったようです。 まず、自身もピアニストを目指しており、結婚して離婚。 逝去された年齢は原田さんの方が36歳とお若いのですが、なんと、クララ・シューマンが亡くなった日と同じ、5月20日に逝去されているのです。しかも、クララは76歳。一桁の数字の一致さえ、偶然とは思えませんね。 「光子」と言うお名前に光と言う漢字が使われいますが、クララの名前も「光輝く人」と言う意味があります。まるで、運命の出会いのような二人ですが、光子さんの執筆活動はわずか5年程度の短いものでした。早逝した彼女が出版した書籍は、なんと7冊のみ。この内、二冊がクララの人生でした。 クララの伝記と、クララとブラームスの往復書簡集を残した功績は大きく、ともすれば、夫ロベルト・シューマンの陰になり、. 2が書き進められた。 1853年は、ブラームスが20歳になる年で、その後のブラームスの音楽活動に影響を及ぼす重要な人物との交流が相次いで図られる年であった。1850年、ブラームスはハンガリーのヴァイオリニスト、レメーニ(本名エードゥアルト・ホフマン)の演奏を聴き、強く心を打たれた。すると3年後、レメーニからの要望で、ブラームスは彼の伴奏者として演奏旅行に同行するようになる。この道中、ブラームスはレメーニから直接ハンガリーの旋律や様式を学ぶことができた。この経験は、彼のハンガリーを題材とした創作に大きく作用した。そして、レメーニは1853年4月、同国のヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒムをブラームスに紹介する。ヨアヒムは当時、リストのもとでヴァイマール宮廷楽団のコンサートマスターを務めたあと、ハノーファー宮廷のヴァイオリニストに就任していた。この大音楽家とブラームスは、互いの音楽を高く評価し合っただけでなく、私生活においても密に付き合い、長きにわたって深い親交を結んだ。同年6月、ブラームスはヴァイマールのリストを訪問する。彼はここで、自身の音楽とリストや「新ドイツ派」らの新しい潮流の音楽とは相容れないことを痛感する。9月、ヨアヒムらの勧めで、ブラームスはためらいながらデュッセルドルフのシューマン宅に向かう。なぜなら1850年、ブラームスはハンブルクを訪れたローベルト・シューマンに自作品を送り意見を求めたが、開封されることなく返送されていたのだ。しかし、シューマン家を訪問した際の対応は3年前のものとは全く異なり、シューマン夫妻は彼をあたたかく歓迎し、その卓越した演奏と作品に熱狂した。ここから、ブラームスとシューマン家との生涯にわたる濃密で複雑な関.

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22(SHM-CD)クラシック協奏曲 アーティスト: バティアシュヴィリ ティーレマン(vn/cond) アリス=紗良・オット(p) シュターツカ. . 00 (1件) 商品詳細. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77 2. Op2:ピアノのための、ワルツ形式によるカプリス集 3. 119)。 1894年以降、ブラームスの身近な人々が続々とこの世を去って行く中、彼をさらなる孤独の淵へと追いやったのは、1896年5月のクララの死であった。1853年の出会いから長年親交を保ち、特別な信頼関係で結ばれていたクララの訃報は、ブラームスに計り知れない打撃を与えた。その後、ブラームスの健康状態は急速に悪化する。6月には黄疸が出始め、彼の不調に周囲が驚くほどであった。9月にはカールスバートで治療を受けたが、効果は得られなかった。年が明けると体調は日に日に悪化した。3月中旬までは演奏会にも足を運んだが、1897年4月3日、ブラームスは肝臓癌により63歳で永眠した。葬儀は4月6日に行なわれ、ウィーン中央墓地に埋葬された。 クララの死の前には《4つの厳粛な歌》op. Op15:ピアノのための4つの幻影 14.

ソナタ~スケルツォ ハ短調 4. Op23:ヘルマン・ロレット「ユクンデ」から6つの歌曲 6. Op6:ピアノのためのトッカティーナ、バラード、ノクテュルヌ、ポロネーズ、二つのマズルカからなる音楽の夜会 7. 声とピアノのためのワルツ。ヨハン・ペーター・リーザーの詩による 4. 12 ロベルトとの共作(全12曲)で、第2、4、11曲のみクララの作。. クララは37歳で未亡人となり、7人の子供を一人で育てなければならなかった。冬の間は演奏旅行の予定を立て、ヨーロッパの随所を回った。中でもイギリスにはほぼ毎年訪れ、1864年のロシア旅行では大成功を収めた。クララは自らマネージャーとなり、広範囲にわたる仕事の書簡も交わした。また、ローベルトの作品の普及にも、これまでと同様に尽力した。一方で夏の間は演奏旅行のための準備期間としながら、休養をとったり、家族や来客のために時間を使った。ローベルトの没後、クララは母マリアンネと暮らすために1857年にベルリンへ、63年にはバーデン=バーデンへ、73年に再びベルリンへ移った。 1870年代に入ると、クララの家族を次々と不幸が襲う。まず70年には、息子ルートヴィヒが精神病院に入り、その弟フェルディナントが普仏戦争に徴兵された。72年には母マリアンネと娘ユーリエが、73年には父ヴィークが、79年には息子フェーリクスが相次いで亡くなる。このような悲劇的状況にあるとき、ピアノを弾くことはいつもクララの癒しとなった。そして、この苦しみをいくらか軽減してくれるピアニストという身に、彼女はいつも感謝していた。 そのような中、1878年にフランクフルト音楽学校(現フランクフルト国立音楽大学)が開校すると、クララはピアノ科主任教授の地位につく。彼女は当時、唯一の女性教授であった。この職をクララは92年まで続ける。また、1878年にはデビュー50周年記念演奏会を、88年には60周年記念演奏会を盛大に行なう。教育および演奏活動のほか、79年には夫ローベルトの全集出版のため、作品の校訂作業も始める。クララは校訂に際して、夫の自筆譜や初版などを丁寧に精査した。ブラームスの協力もあり、ローベルトの作品全集は1881年〜93年に出版された。加えて、クララが自らの考えを率直に示した『教育版(Instruktive Ausgabe)』が86年に出版された。これは、ローベルトのピアノ作品に限ったものであるが、テンポやメトロノーム指示、強弱記号や運指法、ペダル記号などが、クララの考えによって追加・変更されている。また楽譜だけでなく、ローベルトの若い頃の手紙も編集し、『青年時代の書簡(Jugendbriefe)』と題して教育版と同年に出版した。.

ブラームス: ヴァイオリン協奏曲 、 クララ・シューマン :ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンス(年1月、ドイツ・グラモフォン、UCCG1610) バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ短調 他 (年8月、ドイツ・グラモフォン、UCCG1665). ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77: 第3楽章: Allegro giocoso, ma non troppo vivace - Poco piu presto 8:03 3 Romances for Violin and Piano, Op. シューマンのヴァイオリン協奏曲と3つのロマンス、ヴァイオリンソナタ1番が収録されています。 ところで、シューマンのヴァイオリン協奏曲、皆さん、聴いたことあります?. 36が生まれた。特に弦楽六重奏曲では、第1楽章提示部に、アガーテを音名にした動機(A-G-A-T-H-E)が現われる。 1859年、デトモルト宮廷での職を辞した26歳のブラームスは、ハンブルクで女声合唱団を設立する。ここでの指導と指揮は、彼の音楽活動において貴重な体験となり、《2つのホルンとハープの伴奏による女声合唱のための4つの歌》op.

フリーの音楽家として幅広く活動していたブラームスは、1868年にウィーン定住を決めて以後、常に定職を求めていた。そんな中、1871年にウィーン楽友協会の音楽監督の就任要請が届き、彼はこれを承諾する。ウィーン・ジングアカデミーの指揮者を務めていたときと同じく、ブラームスはここでも古い音楽を紹介することに注力した。1872年11月10日に最初の演奏会が開催されたが、プログラムは、ヨアヒムによるシューベルトのピアノ連弾作品の管弦楽編曲を中心に、15、16世紀の作品やヘンデルの作品によって構成された。その後も過去の音楽をメインとした演奏曲目ばかりが並び、周囲の反応は芳しくなかった。1875年4月の演奏会を最後に、ブラームスはこの職を辞任した。この時期の最も重要な作品に《ハイドンの主題による変奏曲》 op. Op9:ヴィーンの思い出(即興曲) 10. Op3:ピアノのためのロマンスと変容 4. cd-offsale!。バティアシュヴィリ ティーレマン/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 【cd】. リサ・バティアシュヴィリ,シュターツカペレ・ドレスデン,クリスティアン・ティーレマン,アリス=紗良・オットの『ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス』 をレコチョクでダウンロード。. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 【国内 盤, SHM-CD】 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、クララ・シューマン:ロマンス リサ・バティアシヴィリ、アリス=紗良・オット、ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン. Op8:ベッリーニの「海賊の歌」にもとづくピアノのための演奏会用変奏曲 9.

. ブラームス. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品7クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22(ヴァイオリンとピアノのための) ブラームス:ハンガリー舞曲第2番ニ短. Op13:ピアノ伴奏による6つの歌曲 3.

ハイネの詩による「民衆歌」 7. 「Brahms ブラームス / ブラームス: ヴァイオリン協奏曲、クララ・シューマン: ロマンス リサ・バティアシヴィリ、アリス=紗良・オット、ティーレマン & シュターツカペレ・ドレスデン【SHM-CD】」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお届けする通販サイトです。. ブラームス:ハンガリー狂詩曲第1番ト短調 6.

クララ・シューマンは生涯を通して「女司祭」と呼ばれていました。それは、彼女の音楽への献身だけに限らず、独自の生真面目さもあったと言われています。 しかし、才能ある女性が生きるには、19世紀と言う時代はまだまだ厳しい時代でもありました。女性にとっての「個」は男性あってのものであったからです。 ピアニストであり作曲家でもあった彼女は、同時に、父の宝であらねばならなかったし、夫と7人もの子供たちを支える賢母であらねばならなかったし、14歳年下の友人の思慕にも応えねばなりませんでした。 そうした事柄が、その時代の当たり前の献身だったとしても、彼女自身を支えていた音楽は誰にも侵されることの無い聖域であり、それを護りとおせる才能が彼女に与えられていたことは幸いでした。 だからこそ、夫の名前と、あるいはブラームスの名前と対にあるのではなく、「クララ・シューマン」と言う名前を持った一人の芸術家として、「女司祭」は仰ぎ見られてしかるべきだと思うのです。. グルジア出身の才色兼備のヴァイオリニスト、バティアシュヴィリ。年度レコード・アカデミー賞協奏曲部門を受賞した年2月発売の「時の谺」に続くDG第2弾。メインは3大ヴァイオリン協奏曲のひとつであるブラームスの傑作。万全のサポートはドイツ音楽の最後の砦ともいえる、ティー. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 バティアシュヴィリ ティーレマン 5.

1833年5月7日、北ドイツのハンブルクにて、ブラームスは生まれた。父ヨハン・ヤーコプは、一族で初めて音楽の道に進んだ人物で、数々の楽器を学び、町楽師となった後、コントラバス奏者としてハンブルク市立管弦楽団に入った。母ヨハンナ・ヘンリーカ・クリスティアーネ・ニッセンは、良い家柄の出身であったが、両親の死から生活苦に陥り、針仕事や家政婦をしていた。二人は1830年に結婚。クリスティアーネはヤーコプの17歳年上であった。三人の子供に恵まれ、ヨハネス・ブラームスはその第二子(長男)である。弟のフリッツもヨハネスと同じく音楽家を志し、ピアニストおよびピアノ教師となった。ブラームス家は父親の収入だけでは十分でなく、母親も家計を助けながら、質素で慎ましい生活を送っていた。 少年ブラームスは、父親に最初の音楽の手ほどきを受けた。家にはピアノがなく、彼が父から初めて学んだ楽器はヴァイオリンであったと思われる。7歳のとき、ハンブルクの著名なピアノ教師であったオットー・フリードリヒ・ヴィリバルト・コッセルに師事すると、ブラームスはめきめきとピアノの腕を上げた。1843年、10歳のとき、初めて公開演奏会に出演する。ベートーヴェンやモーツァルトらの室内楽のピアノ・パートや、エルツの練習曲を弾き、称賛を浴びた。同年、コッセルは自分の師であるエドゥアルド・マルクスセンのもとへ、ブラームスを連れていく。このハンブルク随一の名教師のもとで、ブラームスはピアノと作曲の両方を学んだ。この頃から、ブラームス家の生計の足しにするべく、夜のダンスホールでピアノを弾く仕事を始めた。. 【送料無料選択可!】【試聴できます!】。ブラームス: ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン: 3つのロマンス shm-cdcd. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 - バティアシュヴィリ ティーレマン - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

店のBrahms ブラームス / ブラームス: ヴァイオリン協奏曲、クララ・シューマン: ロマンス リサ・バティアシヴィ:7116863ならYahoo! Op22:ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンツェ 3. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス リサ・バティアシュヴィリ, シュターツカペレ・ドレスデン, クリスティアン・ティーレマン, アリス=紗良・オット. 17; ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンス Op. 35が生まれた。1863年3月、ブラームスはタウジヒと共に、ヴァーグナーの《ニュルンベルクのマイスタージンガー》のパート譜作成に協力し、作曲者自身の指揮による三夜の演奏会を聴いた。その後ヨアヒムに送った手紙からは、ヴァーグナーの音楽に強く胸を打たれたことが窺える。1863年5月、以前から切望していたハンブルク・フィルハーモニー協会の指揮者に任命されなかったブラームスは、名門ウィーン・ジングアカデミーの指揮者に就任する。11月15日の最初の演奏会では、バッハ《カンタータ第21番》、ハインリヒ・イザークの作品、民謡編曲、ベートーヴェンの作品、シューマン《ミニョンのレクイエム》を取り上げ、1864年1月6日の2度目の演奏会では、メンデルスゾーン《われら人生の半ばにありて》とバッハ《カンタータ第8番》をメインに、エッカルト、シュッツ、ジョヴァンニ・ガブリエーリ、ロヴェッタという16、17世紀の古い作品を並べ、3月20日の演奏会ではバッハの《クリスマス・オラトリオ》を抜粋で演奏した。ブラームスのこれらの選曲は、彼の古楽への関心を反映したもので、当時としては珍しい過去の音楽によるプログラミングに、合唱団員や聴衆は驚きと戸惑いを覚えた。4月の演奏会を最後に、ブラームスはこの座を辞任し、ハンブルクへ帰郷する。 ブラームスがハンブルクへ戻ったのは両親の離婚危機を救うためであったが、その努力もむなしく、1865年2月に母が亡くなる。その悲しみを紛らわすかのように、ブラームスは頻繁に演奏旅行へ向かった。彼のプログラムは、バッハの《半音階的幻想曲とフーガ》や《前奏曲とフーガ》、ベートーヴェンのピアノ・ソナタやピアノ協奏曲、シューマンの様々な性格小品や《幻想曲》などで構成され、ここにしばしばシューベルトの作品も加わった。また、この頃作られたブラームスの作品としては、それまでのバッハお. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 / クララ・シューマン:3つのロマンス バティアシュヴィリ(vn) ティーレマン / シュターツカペレ・ドレスデン アリス=紗良・オット(p) shm-cd のリリース情報、レビュー、関連するニュースやタイアップ情報など. クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 - ヴァイオリンとピアノのための 4 第1曲 変ニ長調 Andante molto.

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 - リサ・バティアシュヴィリ - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲クララ・シューマン:3つのロマンス~ヴァイオリンとピアノのための~ 作品22ブラームス:ハンガリー舞曲第2番ヴァイオリン:リサ・バティアシュヴィリピアノ:アリス=紗良・オット指揮:クリスティアン・ティーレマン管弦楽:シュターツカペレ. Op11:ピアノのための3つのロマンス 12. 「海辺にて」ロバート・バーンズの詩による 5. 1をはじめとして、この頃すでにいくつかのピアノ独奏用作品を世に出している。 ヨーロッパを舞台に展開した活発な演奏活動において、クララは次々と輝かしい成功を収めたが、青少年時代のキャリアの頂点は1837-38年のヴィーン演奏旅行である。オーストリアの代表的な劇詩人グリルパルツァーは『クララ・ヴィークとベートーヴェン』という詩を発表し、クララを大いに讃えた。また、彼女はオーストリアで最も栄誉ある「王室帝室室内楽奏者」の称号を与えられた。18歳という若さに加え、外国人、新教徒、さらに女性に授与されるのは特例であった。皇帝はクララを「天才少女」と呼んだ。. See full list on enc.

68はすでに1855年に着手されていたが、何度も作曲の休止を挟みながら、20年以上もの年月をかけて仕上げられた。これほど時間がかかった大きな要因は、シューマンの批評によってかたどられた「ベートーヴェンの後継者」としてのプレッシャーが、ブラームスに重くのしかかっていたからであろう。作品は1876年11月4日、カールスルーエで初演された。ブラームスの最初の交響曲というだけに期待が大きかった分、様々な評価がなされたが、ハンス・フォン・ビューローは「ベートーヴェンの第10番交響曲」と評してこの作品の意義を示した。これにより、ブラームスは大きな重圧から解放されただけでなく、シューマンの《交響曲第3番》から四半世紀ものあいだ滞っていた交響曲史の駒を再び前へ進めたのである。 1877年から、ブラームスの創作活動は非常に盛んになる。. クララの父フリードリヒ・ヴィークはピアノ教師でした。 クララを「第二のモーツアルト」にしようと試みたフリードリヒは、他の子供の育児を放棄し、彼女に音楽的英才教育を施します。 その甲斐あって、1828年、9歳の時、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会で、モーツァルト・ピアノ協奏曲のソリストを務めてピアニストとしてデビューします。 12歳の頃には彼女はヨーロッパ中をツアーして回るようになり、多くの音楽好き著名人や皇帝、音楽家などからも高評価を受けます。 当時のライプツィヒ、ザクセン王国のみならず、現在のドイツ全域に天才少女としてその名を知られるようになり、以後、19世紀において最も高名なピアニストとなるのでした。 しかし、父のクララへの執着は激しく、彼女の日記の内容を管理したり、後にロベルト・シューマンとの結婚を破談にするため奔走し、結局クララが裁判を起こさなければならないほどでした。 また、クララだけに彼の愛着はあり、他の子供達には見向きもしないどころか、ストレスを全て向け、虐待していたと言われており、クララは殴られている兄弟たちの阿鼻叫喚を聴き流し、或いは聴かないふりを. Op7:管弦楽の伴奏付きピアノ協奏曲第一番 8. クララ・シューマンとヨハネス・ブラームスとの関係は、当時も今現在も、様々な憶測が飛び交っています。 例えば、ブラームスの末裔であるヘルマ・サンダース=ブラームスが監督した映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」などは、はっきりと三角関係としてこのかかわりを描いています。 実際にはブラームスとクララが不倫関係であった証拠はありませんが、ブラームスが若い時にクララにしたためた愛の手紙は、クララ自身が「世に出せない内容」として、破り捨てているものもあります。 このように、二人がどんな関係だったのかをはっきりと示すものはありませんが、その愛情が、かなり「濃かった」と言うことを示すものはあります。 それは、ブラームスが編曲した「連弾曲」です。「連弾」と言うのは、一台のピアノに二人の弾き手が座り、四本の手によって演奏する形式です。 ブラームスは、自身の交響曲1番から4番までを連弾に編曲していますが、これはクララと二人で演奏するために書かれたと言われており、実際にその曲を演奏してみると、なんと、二人の演奏者の指が重なる部分があるのです。 つまり、一人が鍵盤を抑えている指の下に、もう一人の指が重な. Op10:ピアノのためのスケルツォ 11.

クララの実母は、マリアンネ・トロムリッツ。 彼女もまた音楽一家の家系に生まれ、自らも声楽家、ピアニストとして、音楽活動を行っていました。 さらにこの時代の女性の重要な役割である、家事や育児も取り仕切っていましたが、夫であるフリードリヒ・ヴィークが、あまりにもピアニストとしての活動を、彼女に強く要求するため、それに耐えきれなくなって家を出たと言われています。恐らく良い生活水準を得るために、マリアンネの演奏活動を煽ったのでしょう。 結局離婚が成立し、クララのもとには新しい母がやってくることになりました。 ヴィークはマリアンネで果たせなかったことを、クララで成し遂げようとしていました。 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス 娘が生まれたら一流のピアニストに育て上げるということを、かなり早いうちから夢見ていたようです。 この「クララ」という名前は、「光り輝く人」という意味で、彼女がピアニストとして活躍するのにふさわしいとして、名付けられたのだと言われています。. ブラームス:ハンガリー舞曲 第2番 ニ短調. Op16:ピアノのための3つのプレリュードとフーガ 15. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 - クララ・シューマン:3つのロマンス バティアシュヴィリ(vn) ティーレマン - シュターツカペレ・ドレスデン. ピアノ三重奏曲 Op.

Op5:4つの性格的小品 6. Op17:ピアノ・ヴァイオリン・チェロのための三重奏曲 2. Op1:ピアノのための四つのポロネーズ 2. Op14:ピアノのためのスケルツォ2番 13. 35は、ブラームスの変奏技法の集大成であり、どちらも高度なピアノ技巧を要すだけでなく、前者では作品全体に対位法が用いられている。 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス 声楽曲においては、独唱曲に留まらず、様々な編成による重唱曲、合唱曲も数多く残した。ブラームスが熱中した民謡.

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22 リサ・バティアシュヴィリ 、 クリスティアン・ティーレマン 、 シュ. ブラームスのヴァイオリン協奏曲では珍しいブゾーニ(Ferruccio Busoni)作のカデンツァを採用している。.

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス

email: eraraxam@gmail.com - phone:(766) 367-3465 x 5091

ESSETIAL B.MONROE - スウィート マルシアック

-> ダンシン ザ ブルース
-> ゆめはかせ

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/クララ・シューマン:3つのロマンス - REGGAE BIRDS SONG


Sitemap 1

ストラヴィンスキー:バレエ組曲≪火の鳥≫(1945年版) チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調Op.64 - Atlixquenas